« 啓蟄 春の雨 | トップページ | 「昨日」から未来が生まれるか »

実家

2009.03.14(土)

 以前「山陰体験はいかが?」の中で紹介した萩市にある実家に、人が住んでくれることになりそうです。NPO法人で、グループホーム型の施設として使用したいとのことでした。家の構えがゆったりしていて日当たりもよく、環境的にもいい感じということで、連絡をしてこられたそうです。

 当分、実家の世話などできそうにないと思っていたわたしにとっては、ちょうどよかったかもしれません。一度貸したら、なかなか返してもらえないよという人もありますが、その辺は気を付けておこうと思います。

 わたしはこの家が嫌いなわけではありません。
 昼間はいいのですが、暗い時間帯がどうにもこうにも我慢できないほど恐怖!!なのです。だから、今後も住みたくても住めない、そう思っています。でも、玄関の引き戸から見える向こうの山の色や、田圃の色には、いつになっても、言いようもない郷愁を誘われます。幼い日々のことも懐かしく思い出します。

 この前出会ったM中のY君たちが、時間のあるときにこの実家周辺の草刈りなどをしに行ってもいいようなことを言っていましたが、その必要もなくなりそうです。むしろ今は、家の中の片づけを手伝ってほしいです。

 そのY君たちは、12日に卒業式を済ませています。
 おめでとう。3年間よく頑張ったと思います。
 どの3年間よりも、中身の濃いものになるのではないかと思います。
 新しい世界への飛翔を、心からお祝いします。
 頑張ってくださいね。

 

 

|

« 啓蟄 春の雨 | トップページ | 「昨日」から未来が生まれるか »

日記」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます

片づけでも手伝いましょうか

投稿: ゆーが | 2009年3月15日 (日) 17時59分

 本当に手伝ってもらいたいです。
強烈な古道具の量ですから、汗+涙になると思います。
でも、移動が大変だから・・・。

投稿: シルビイ | 2009年3月15日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実家:

« 啓蟄 春の雨 | トップページ | 「昨日」から未来が生まれるか »